夜寝れない・朝起きれない日々を改善する方法

その他の成分

朝起きれない人がサプリで摂るべき有効成分を解説

睡眠改善成分として有効な「トリプトファン」「グリシン」「ギャバ」以外にも、おすすめ成分は睡眠の質を高める成分はたくさんあります。

オルニチンやビタミンB12、パントテン酸など、朝起きれない人にオススメのサプリメント成分とその働きを解説します。

朝起きれない人がサプリで摂るべき有効成分とは

他のページでは睡眠改善に役立つ成分としてトリプトファングリシンギャバについて説明していますが、ここではそれ以外のオススメ成分を紹介していきます。

総合的に取り入れて、朝に強い体質を作りましょう。

  • オルニチン
    肝臓で働くアミノ酸で、しじみに豊富に含まれているのが特徴。
    解毒や疲労回復などの効果があり、就寝前に摂取すると眠りの質が改善されます。
  • ビタミンB12
    朝起きて夜寝るという人間の体内時計の機能を正して、寝れない・起きれない生活サイクルの改善が期待できます。
    しじみあさり海苔レバーなどに多く含まれています。
  • パントテン酸
    ストレスや疲労を抑えることで安眠にも好影響与える成分。
    干し椎茸レバーたらこなどに含まれ、ビタミンB・ビタミンEとの同時摂取でより高い効果が期待できます。
  • カルシウム
    乳製品大豆製品などに豊富で、不足すると神経過敏になりやすいのが特徴。
    心身の平穏を保つためにも摂取が必要です。
  • マグネシウム
    カルシウムの吸収を助ける働きや、脳神経系の鎮静作用などがあり、青菜類種実類貝類などに豊富に含まれています。
  • メラトニン
    体内時計の調節など睡眠に関係するホルモン。
    オーツ麦スイートコーンかいわれ大根などに多く含まれています。
  • ラクッコピコリン
    鎮静作用や眠りを誘うなどセロトニンやメラトニンと同じ働きがあります。
    含有量が豊富な食品はレタスです。