夜寝れない・朝起きれない日々を改善する方法

HOME » なぜ?朝起きれない3つの原因 » セロトニンが不足している

セロトニンが不足している

このページでは、不足すると睡眠に影響する物質セロトニンの特徴や摂取方法を紹介、朝起きれない人は必見です。

朝起きれない人は睡眠物質セロトニン不足が原因?

朝起きれない人向けのセロトニン不足解消法で睡眠を改善する

セロトニンとは脳内の神経伝達物質で、精神の安定に影響するホルモンの一種。

セロトニンは脳を覚醒させて交感神経を刺激することで、朝の目覚めを促進させます。これによって頭も身体も1日の活動ができる状態になるというわけです。

夕方から夜にかけては働きが弱まり、睡眠中にはほとんど分泌されないので、心身ともゆったりと休めます。そして起床時間が近づくと再度分泌量が増えます。

つまり、朝起きれないという人は、起きるべき時間にセロトニンの分泌量が増えていない可能性があるのです。

もちろん、その分泌量には個人差がありますが、不眠症なども含めて生活リズムに不安を感じているなら、セロトニン不足を疑ってみた方がいいでしょう。

セロトニン不足解消にはトリプトファンサプリを飲もう

セロトニン不足解消サプリメントセロトニンが不足している人はどのように解消すればいいのでしょうか?

解消法としては、日光を浴びることや適度な運動をすることが良いと言われていますが、もっとも有効で確実なのがトリプトファンの摂取です。

トリプトファンはセロトニンの原料物質で必須アミノ酸の一種。
肉類、業界類、豆類、乳製品(特にチーズ)など多くの食物に含まれています。

1日の摂取量の目安としては、体重60kgの成人で120mg

しかし、不眠症改善にはその5倍程度の摂取量が必要とも言われていて、かなり含有量の多いゴマでも毎日200gは食べなくてはならない計算になってしまいます。

そこで、食事ごとの面倒な栄養計算もせず、確実にトリプトファンを摂取する方法として、サプリメントがオススメなのです。